操作

漢詩

かんしぶん

中国古来の詩文,また日本人がそれにならって漢字のみを用いてつくった詩文。初め大陸からの渡来人が書き,やがて在来の日本人もそれを範としたとみられる。推古4(596)年の伊予道後温湯碑文,推古12(604)年の十七条憲法が最初期の漢文で,奈良時代には漢詩集『懐風藻』が編纂された。平安時代前期にも勅撰漢詩集が 3集つくられ,作者には空海都良香菅原道真らがいた。中期には『本朝文粋』などが編まれ,中国の『白氏文集』『文選』が大きな影響を与えた。鎌倉時代はやや衰えたが,末期から室町時代にかけて五山禅僧によって五山文学がつくられた。江戸時代は儒学(儒教)の全盛期で,前期には伊藤仁斎の古学派,荻生徂徠の古文辞学派,山崎闇斎の崎門学派(きもんがくは),中江藤樹熊沢蕃山らの陽明学派などがあり,中期には服部南郭菅茶山,後期には頼山陽斎藤拙堂らの優れた作家が出た。明治になると西洋の文学に圧倒され,衰退した。