actions

清水崑

清水 崑
本名 清水 幸雄
生誕 1912年9月22日
日本の旗 長崎県長崎市
死没 (1974-03-27) 1974年3月27日(61歳没)
日本の旗 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1935年 - 1974年
ジャンル 風刺漫画
代表作 『かっぱ天国』
テンプレートを表示

清水 崑(しみず こん、本名:清水 幸雄1912年9月22日 - 1974年3月27日)は昭和漫画家長崎県長崎市出身。妻は歌人清水恒子、その姉は俳人石橋秀野山本健吉夫人)。

人物

長崎市銭座町(現・天神町)出身[1]。旧制長崎市立商業高校(現在の長崎市立長崎商業高等学校)を卒業後上京、似顔絵描きをしながら絵の修行をする。その後横山隆一近藤日出造らの新漫画派集団に参加、1935年新青年』に「東京千一夜物語」を連載。これがヒットし後で内田吐夢監督によって映画化された。

戦後新夕刊」の政治漫画を担当後、朝日新聞社嘱託。時の吉田茂首相の風刺画で人気を博し、サンフランシスコ講和会議には全権団の取材に派遣され、連日文章つきで漫画の見聞録を送る。また日本ニュースでは「漫画の頁」という風刺コーナーを与えられ、執筆風景も含めてニュース映画に題材を提供した。

1953年からは週刊朝日で「かっぱ天国」を連載、黄桜酒造(2006年10月から黄桜に社名変更)社長・松本司郎の目に留まり1955年から同社のキャラクターとして採用された(後に小島功に引き継がれた。黄桜のホームページにて当時のCMを見ることが可能)。また同年にはカルビーの「かっぱあられ」に代表される菓子広告も手がけるようになり、現在でも往時の名称は「かっぱえびせん」に名残をとどめている。1953年3月はじめに、小説家の火野葦平の『河童』の装丁を描くことになり、出版社の編集者と一緒に打ち合わせのために訪問し、その場で二人は意気投合したという[2]。1974年、肋膜炎のため61歳で没した。

母校長崎市立銭座小学校に「なかよし」と称したかっぱの壁画がある。

林家木久扇は弟子の一人で、清水が「面白い喋りをしている」という理由から3代目桂三木助に紹介した(その後三木助が亡くなり、8代目林家正蔵門下となった)。上述のように、河童の漫画で一世を風靡しているが、林家木久扇のネタのひとつ「河童」がこれに関係しているかは定かではない(ただし、「笑点」の2011年の長崎県での地方収録の際、大喜利の挨拶の中で、「清水崑先生を偲んで」と銘打ち、河童ネタを披露している)。また、木久扇が真打昇進した際には、その祝いとして、河童の絵を描いて贈った。

映画監督の市川崑は清水の大ファンで、旧名の「儀一」から「崑」に改名したのも清水の影響だと言われている。

作品

  • 『筆をかついで』 創元社、1951年
  • 『かっぱ川太郎』 朝日新聞社、1952年
  • 『かっぱ天国』 東峰書房、1955年
『かっぱ天国 愛蔵版漫画集』 清水梢太郎編、らくだ出版 1993年
  • 『一筆対面』 東峰書房、1957年
  • 『ぼんやり山のぼんたろう』 学習研究社、1972年
イラスト
原書房、1989年→吉田茂国際基金(中央公論新社販売)、2005年

脚注

  1. 清水崑プロフィール 清水崑展示館 2018年7月18日閲覧。
  2. もりたなるお『芸術と戦争』産経新聞出版9ページ

関連項目

外部リンク