actions

浅井氏

浅井氏
家紋
みつもりきっこう に はなびし
三つ盛亀甲花菱
本姓 藤原北家閑院流正親町三条庶流[1]
物部姓奈洗流あるいは守屋流?[1]
家祖 浅井重政
種別 武家
主な根拠地 近江国
著名な人物 浅井長政
淀殿
凡例 / Category:日本の氏族

浅井氏(あざいし、あざいうじ、旧字体: 淺井氏

戦国大名。藤原姓。正親町三条実雅の子公綱が嘉吉年間 (1441~44) ,近江国に流され浅井郡小谷荘に居住し,公綱は帰洛したが,その子重政が土着して守護京極氏に仕え,浅井氏を名のったという。一説に,藤原俊忠の子忠次が武士となり,浅井郡5ヵ所を知行し,浅井を氏としたともいう。重政の孫亮政は,応仁の乱後主家の内紛に乗じてそむき,上坂,今浜諸城を奪い,江北の地を占め,越前朝倉氏および美濃斎藤氏と結んで近江の大半を領した。久政を経て,長政は織田信長の妹お市 (小谷の方 ) をめとって勢力を増した。元亀1 (1570) 年,長政は朝倉氏や一向宗門徒と結んで信長,徳川家康の連合軍と姉川で戦ったが敗れ,天正1 (73) 年,信長に小谷城を攻められて自殺,滅亡した。



楽天市場検索:


  1. 1.0 1.1 『浅井三代記』、『浅井日記』より。