actions

泗川の戦い

泗川の戦い(しせんのたたかい)

慶長の役 (文禄・慶長の役 ) の際の朝鮮,慶尚南道の泗川城における戦い。文禄の役のあと,慶長2 (1597) 年,秀吉は再度朝鮮半島への出兵を行い,日本軍は明鮮連合軍に対し,随所で籠城戦を展開したが,いずれも苦戦に陥った。同3年9月末,明将董一元らの率いる 10万の大軍が泗川城にあった島津義弘らを攻めたが,義弘らは 2000の兵をもって,同 10月1日これを撃破した。これを機として明鮮と講和し,撤兵への足掛りとした。