操作

江木翼

江木 翼
えぎ たすく
生年月日 1873年12月5日
出生地 日本の旗 日本 山口県玖珂郡御庄村
没年月日 (1932-09-18) 1932年9月18日(58歳没)
出身校 山口高等中学校卒業
東京帝国大学法科大学英法科修了
前職 内務官僚
所属政党憲政会→)
立憲民政党

内閣 第3次桂内閣
在任期間 1912年12月21日 - 1913年2月20日

内閣 第2次大隈内閣
在任期間 1914年4月16日 - 1916年10月9日

内閣 加藤高明内閣
在任期間 1924年6月11日 - 1926年1月30日

内閣 加藤高明内閣
第1次若槻内閣
在任期間 1925年8月2日 - 1927年4月20日

内閣 濱口内閣
第2次若槻内閣
在任期間 1929年7月2日 - 1931年9月10日
テンプレートを表示

江木 翼(えぎ たすく、1873年明治6年)12月5日[1][注 1] - 1932年昭和7年)9月18日)は、明治、大正、昭和時代の官僚政治家。幼名・恵助(えすけ)[1]

生涯

1873年(明治6年)12月5日、山口県御庄村(現在の岩国市)に酒造業を営む羽村卯作の三男として生まれる[1]山口高等中学校予科、本科を経て、東京帝国大学法科大学英法科へ進学、1897年(明治30年)5月17日[2]に、枢密顧問官文部大臣貴族院議員となる江木千之の養子となる。同年7月、帝大を卒業し、大学院に進学[2]1898年(明治31年)12月文官高等試験に合格[3]1899年(明治32年)1月、内務省に入省する[4]神奈川県事務官、法制局参事官、1910年(明治43年)拓殖局部長を歴任する。

1912年大正元年)第3次桂内閣内閣書記官長に就任。その後、1914年(大正3年)の第2次大隈内閣1924年(大正13年)の第1次加藤高明内閣でも書記官長を務め憲政会立憲民政党系の官僚政治家として台頭した。この間に、1916年(大正5年)10月5日には貴族院議員に勅選され[5]1920年(大正9年)には法学博士号を受けている。

1925年(大正14年)第2次加藤高明内閣司法大臣となり、第1次若槻内閣でも留任した。1931年(昭和6年)の第2次若槻内閣でも鉄道大臣として入閣し、民政党の歴代総裁からの信任が厚く「民政党の知恵袋」と評され、同党の有力な総裁候補であったが、病のため辞職した。同じ官僚系の伊沢多喜男とは軋轢があり、対立することもあった。1932年昭和7年)9月18日、前月に死去した養父の後を追うかのように死去。前年から胃癌を患っており、それが肝臓にも転移していた[6]

栄典

親族

  • 妻 江木秀子(養父長女)[2]

邸宅地

旧邸宅地は、1980年(昭和55年)に向山庭園として、一般開放されている。

脚注

注釈

  1. 『新潮日本人名辞典』新潮社、1991年、289頁では「明治6年4月24日」。

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 『江木翼伝』江木翼年譜、1頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 『江木翼伝』江木翼年譜、2頁。
  3. 『日本近現代人物履歴事典』89頁。
  4. 『江木翼伝』江木翼年譜、3頁。
  5. 『官報』第1256号、大正5年10月6日。
  6. 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)56頁
  7. 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献

  • 浅野豊美『帝国日本の植民地法制―法域統合と帝国秩序』(名古屋大学出版会、2008年、ISBN 4-815-80585-7)
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 江木翼君伝記編纂会編『江木翼伝 : 伝記・江木翼』大空社、1988年(江木翼君伝記編纂会昭和13年刊の複製)。

関連項目


公職
先代:
小川平吉
日本の旗 鉄道大臣
第8代:1929 - 1931
次代:
原脩次郎
先代:
小川平吉
日本の旗 司法大臣
第30代:1925 - 1927
次代:
原嘉道
先代:
南弘
山之内一次
小橋一太
日本の旗 内閣書記官長
第17代:1912 - 1913
第19代:1914 - 1916
第26代:1924 - 1925
次代:
山之内一次
児玉秀雄
塚本清治

テンプレート:司法大臣