actions

比企氏

ひきうじ

武蔵国比企郡より起る。藤原秀郷の後裔で,能貴を祖とするという。鎌倉時代初期にその活躍がみられる。

源頼朝の乳母であった比企尼は,伊豆配流中の頼朝に尽し,養子能員も,頼朝の挙兵以来,彼に従って功を重ねた。能員の女若狭局が2代将軍源頼家の妻となり,長子一幡をもうけると,比企一族は将軍のうしろだてとして権勢をふるい,次第に北条氏と対立していった。

頼家の病重い建仁3 (1203) 年,一幡と実朝とに家督分割がはかられると,能員は怒り北条氏征伐を企てようとしたが,かえって謀殺され,子宗員,一幡も討たれ,比企一族は滅んだ。