actions

殷富門院大輔

ファイル:Hyakunin Isshu Etching 90.jpg
殷富門院大輔 - 1989年(明治22年)刊 銅版百人一首


殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ、生没年不詳:大治5年(1130年)頃 - 正治2年(1200年)頃)は、平安時代末期に活躍した歌人である。女房三十六歌仙の一人。父は藤原北家勧修寺流従五位下藤原信成。母は従四位式部大輔菅原在良の娘。一説に道尊僧正の母ともされる[1]

経歴

若い頃から後白河院の第1皇女・殷富門院(亮子内親王)に出仕、それに伴い歌壇で長年にわたり活躍した。俊恵が白川の自坊で主宰した歌林苑(宮廷歌人の集まり)のメンバーでもあり、藤原定家寂蓮西行源頼政など多くの歌人と交際があった。また、文治3年(1187年)の百首歌等、自ら主催して定数歌や歌会の催しを行うこともあった。建久3年(1192年)の殷富門院出家に伴って自らも出家したとされる。私家集である『殷富門院大輔集』、及び『千載和歌集』以降の勅撰集、その他私撰集等に多数の作品を残している。

逸話

  • 鴨長明が『無名抄』の中で「近く女歌よみの上手にては、大輔・小侍従とてとりどりにいはれ侍りき(=近ごろの女流歌人のなかで上手なのは殷富門院大輔と小侍従であるとさまざまにいわれている)」[2]と述べる等、当時最高の女流歌人であると目されていた。その歌風は『歌仙落書』によると「古風を願ひてまたさびたるさまなり(=古いスタイルの和歌を手本として古風な趣がある)」と評されたが、一方では、本歌取り初句切れを多用した技巧的な面もある。また、多作家としても知られ、「千首大輔」の異名[* 1]もあった。
  • そのライバルと目されていた小侍従[* 2]と夜通し連歌に興じることもあった[3]

  小侍従に始めて対面して夜もすがら連歌などし明かして帰るとて こじじゅう
思ひいでなきこのよにてやみなまし 今宵にあはぬ我が身なりせば
  かへし
なかなかになにか今宵にあひぬらん あはずはけさの別れせましや

— 『殷富門院大輔集』
この時の連歌の内容は伝存していない。別の機会に名月の夜に歌人仲間の男性達を誘って小侍従宅へのアポなし訪問[* 3]を試みる等、自由な振舞いも垣間見える[4]

  九月十三や ひとびとぐしてこじじゆうのもとへゆきたるに おはしまさずといふに
  またそこへたづねゆきて ものがたりなどするついでに 大輔
つきにのりあはぬものゆゑかへらまし ふかき思ひのしるべそへずは
  かへし                                小侍従
まてばこそたづねもくらめつきをみる ながめにもまづわすれやはする
  このついでに 五条さい相中将みちよりぐして 経などよみ給ひしに
  をりからにや いたくしみまさりてきこえしかば        大輔
ながづきの月をばいつもみしかども こよひばかりのそではしぼらず

— 『殷富門院大輔集』
  • 和歌の祖とも言える柿本人麻呂の墓を訪ねて仏事を営み、当代の有名歌人達に和歌の詠進を求めるというイベントを主催している[5]

  殷富門院大輔 人丸はか尋て仏事をこなふとて 人々に尺教歌よませ侍けるに 権中納言長方
かきつめしことはの露のかすことに 法の海にはけふやいるらん

— 『玉葉和歌集』 巻第十九 釈教歌

  元興寺ことのほかに荒れて 煙のたぐひにはなくて うてなの露しげきに似たり
飛ぶ鳥や飛鳥の仏あはれびの そのはぐくみに漏らし給ふな
  これに智光が曼陀羅おはします
夢のうちに手の際みせし極楽を とくみのりにぞ思ひあはする
  この聖たち 昔の芹摘みしとかや聞こゆる
  思ひがけぬものから あはれに

— 『殷富門院大輔集』

作品

勅撰集
歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数
千載和歌集 殷富門院大輔  5 新古今和歌集 殷富門院大輔 10 新勅撰和歌集 殷富門院大輔 15
続後撰和歌集 殷富門院大輔  6 続古今和歌集 殷富門院大輔  2 続拾遺和歌集 殷富門院大輔  1
新後撰和歌集 殷富門院大輔  1 玉葉和歌集 殷富門院大輔  4 続千載和歌集 殷富門院大輔  2
続後拾遺和歌集 殷富門院大輔  1 風雅和歌集 殷富門院大輔  4 新千載和歌集 殷富門院大輔  2
新拾遺和歌集 殷富門院大輔  4 新後拾遺和歌集   新続古今和歌集 殷富門院大輔  2
定数歌歌合
名称 時期 作者名表記 備考
太皇太后宮大進清輔歌合 1160年(永暦元年)
住吉社歌合 1170年(嘉応2年)
広田社歌合 1172年(承安2年)
別雷社歌合 1178年(治承2年)
寿永百首 1182年(寿永元年)
後京極摂政家百首歌
民部卿家歌合 1195年(建久6年)3月3日
私家集
  • 『殷富門院大輔集』(鎌倉時代前期写本 伝藤原為家筆 冷泉家時雨亭文庫 重要文化財)(宮内庁書陵部本の親本) 305首
  • 『殷富門院大輔集』(寿永百首家集・続群書類従本) 110首

百人一首

  • 90番

                               殷富門院大輔
見せはやなおしまのあまの袖たにも ぬれにそぬれし色はかはらす

— 『千載和歌集』 巻第十四 恋歌四
この歌[7]は、源重之が詠んだ[8]

  たいしらす                        源重之
松島やをしまの礒にあさりせし あまの袖こそ かくはぬれしか

— 『後拾遺和歌集』 巻第十四 恋歌四
本歌取となっている。

脚注

注釈

  1. 千首大輔 殷富門院女房(上覚和歌色葉』)
  2. 母方の従姉妹でもある。
  3. この訪問を、重病から回復しつつあった小侍従への見舞とする解釈もある。
  4. 「東大寺へ参りたれば 大和唐土にもたぐひ見えまさぬ仏を見参らせ 帝后の運ばせ給ひけん土を踏む契りのうれしさ おぼえぬ涙おちぬ」

出典

  1. 『尊卑分脈』
  2. 『無名抄』 大輔小侍従一双事
  3. 宮内庁書陵部本 『殷富門院大輔集』 159, 160
  4. 宮内庁書陵部本 『殷富門院大輔集』 65-67
  5. 『玉葉和歌集』 巻第十九 釈教歌 02662
  6. 村尾(参考文献)
  7. 『千載和歌集』 巻第十四 恋歌四 00884
  8. 『後拾遺和歌集』 巻第十四 恋歌四 00828

参考文献