actions

様態論


様態論(ようたいろん、英語: modalism、Sabellianism)はキリスト教における神概念のひとつ。サベリウス主義様態単一神論とも呼ばれる。父・子・聖霊の三位格をそれぞれ自立した存在と解する三位一体論に対し、これらがひとつの神の様態の変化したものであると考える。

神は旧約時代には父として、現れたが、後には人類の罪を贖う子として、キリストの復活の後には聖霊として現れたという考えである。このように、神性には、三人格があるのではなく、三つの顕現体があるとした。この説によると、神の中には一つの人格があるだけで、キリストに別の人格があるということを否定している。

歴史的にはサベリウスの御父受難論が最も有名である(サベリウス派を参照)。現代では

参考文献