actions

松本清張


松本 清張(まつもと せいちょう、1909年明治42年)12月21日[1] - 1992年平成4年)8月4日

小説家。本名,清張 (きよはる) 。高等小学校卒業後,給仕,印刷所の版下工その他の職を転々とし,1937年朝日新聞西部本社に入り広告部員。

1950年『西郷札』が『週刊朝日』の懸賞小説に入選,『或る「小倉日記」伝』 (1952) が芥川賞を受けて文壇にデビュー。『啾々吟』 (53) ,『菊枕』 (53) ,『断碑』 (54) ,『石の骨』 (55) など学問,芸術に執念を燃やした人々の生涯や歴史物に新境地を開いた。次いで『張込み』 (55) ,『顔』 (56) など推理小説に手を染め,『点と線』 (57~58) ,『眼の壁』 (58) の成功によって社会派推理小説ブームの推進者となった。

『日本の黒い霧』 (60) ,『昭和史発掘』 (64) など歴史の暗黒面をえぐる作品も多い。ほかに『黒の画集』 (58~60) ,『球形の荒野』 (60~61) ,『砂の器』 (60~61) などが推理小説の代表作。

その後,考古学,古代史学への関心を深め,『古代史疑』 (66~67) ,『遊史疑考』 (71~72) などの著書もある。

脚注・出典

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「誕生日」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

関連項目

外部リンク