操作

松本清張

松本 清張
(まつもと せいちょう)
誕生 松本 清張(まつもと きよはる)
1909年12月21日[1]
日本の旗 日本 広島県広島市または福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市小倉北区[2]
死没 (1992-08-04) 1992年8月4日(82歳没)
東京都新宿区河田町 東京女子医科大学病院
墓地 富士見台霊園
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 板櫃尋常高等小学校卒業
活動期間 1950年 - 1992年
ジャンル 現代小説、推理小説
歴史・時代小説
近現代史、古代史[3]
代表作或る「小倉日記」伝』(1952年)
点と線』(1958年)
眼の壁』(1958年)
ゼロの焦点』(1959年)
砂の器』(1962年)
黒革の手帖』(1980年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1953年)
日本探偵作家クラブ賞(1956年)
文藝春秋読者賞(1959年)
吉川英治文学賞(1966年)
菊池寛賞(1970年)
朝日賞(1990年)
デビュー作西郷札
親族 松本峯太郎(父)
岡田タニ(母)
公式サイト 北九州市立松本清張記念館
テンプレートを表示

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年明治42年)12月21日[1] - 1992年平成4年)8月4日

小説家。本名,清張 (きよはる) 。高等小学校卒業後,給仕,印刷所の版下工その他の職を転々とし,1937年朝日新聞西部本社に入り広告部員。

1950年『西郷札』が『週刊朝日』の懸賞小説に入選,『或る「小倉日記」伝』 (1952) が芥川賞を受けて文壇にデビュー。『啾々吟』 (53) ,『菊枕』 (53) ,『断碑』 (54) ,『石の骨』 (55) など学問,芸術に執念を燃やした人々の生涯や歴史物に新境地を開いた。次いで『張込み』 (55) ,『顔』 (56) など推理小説に手を染め,『点と線』 (57~58) ,『眼の壁』 (58) の成功によって社会派推理小説ブームの推進者となった。

『日本の黒い霧』 (60) ,『昭和史発掘』 (64) など歴史の暗黒面をえぐる作品も多い。ほかに『黒の画集』 (58~60) ,『球形の荒野』 (60~61) ,『砂の器』 (60~61) などが推理小説の代表作。

その後,考古学,古代史学への関心を深め,『古代史疑』 (66~67) ,『遊史疑考』 (71~72) などの著書もある。

脚注・出典

  1. 1.0 1.1 公式記録とされるものの誕生日。実際の誕生日は異なると考えられる。後述
  2. 松本清張自身は広島で生まれたと話しているが、公式記録とされるものでは福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市小倉北区)生まれ。後述。
  3. 清張の作品分野は多岐にわたるが、ここでは図録『松本清張記念館』(1998年、北九州市立松本清張記念館)の分類を参照して記述した。

関連項目

外部リンク