actions

東赤石山

東赤石山(ひがしあかいしやま)は、四国に位置する標高1,706mのである。愛媛県四国中央市(旧宇摩郡土居町)と新居浜市(旧宇摩郡別子山村)の境界に位置する。

概要

東赤石山は、愛媛県東部に位置する法皇山脈の最高峰であり、日本二百名山花の百名山、および四国百名山の一つである。オトメシャジンに代表される特有の高山植物、そして分が酸化され赤茶けたかんらん岩が剥き出しの荒々しい岩峰で知られる。この赤茶けた岩石が山名の由来である[1][2]

地質的には三波川変成帯に属し、超塩基性岩が広く分布するため東赤石山かんらん岩体と呼ばれる。北側斜面は五良津岩体と呼ばれ、角閃岩エクロジャイトなど高圧下で生成した変成岩が見られる[3]

嶺北(旧土居町側)にはクロム鉄鉱ダンかんらん岩(かんらん岩の一種)を採掘した赤石鉱山1980年ごろまで存在し、登山路も土居町河又(こうまた)を南進し五良津(いらづ)林道終点からこの赤石鉱山を経由するルートが一般的だった。現在では五良津林道の水害による荒廃の一方、嶺南(旧別子山村側)は道路整備が進んだため、同村筏津(いかだづ)、瀬場(せば)からのルートや、同村床鍋(とこなべ)から権現越経由のルートが一般的である。なお、嶺北からは、土居町河又または五良津林道終点から五良津尾根の送電線保線路を利用し、権現越に至るルートもある。

山頂には三等三角点、「赤石」が設置されている[4]

山頂から西の峰続きである八巻山(はちまきやま)の南麓に、山小屋「赤石山荘」がある[5]

ギャラリー

注釈・出典

  1. 『分県登山ガイド 愛媛県の山』 山と溪谷社、1996年
  2. 『愛媛県百科大事典 1巻』 愛媛新聞社、1985年
  3. 勘米良亀齢、橋本光男、松田時彦 『岩波地球科学選書 日本の地質』 岩波書店、1994年
  4. 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
  5. 安森滋 『親子三代笹ヶ峰物語』 1996年

参考文献

関連項目

外部リンク