操作

東北大学大学院農学研究科・農学部

テンプレート:子記事 東北大学大学院農学研究科(とうほくだいがくだいがくいんのうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Agricultural Science)は、東北大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東北大学農学部(とうほくだいがくのうがくぶ、英称:School of Agriculture)は、東北大学に設置される学部の一つである。

概要

東北大学農学部は、1939年に東北帝国大学に設置された学部である。1949年の新制東北大学発足時には宮城県女子専門学校を吸収した。1953年に大学院農学研究科が設置された[1]生物の産業科学である農学の研究・教育を行っている。国立大学最大規模の実験農場である、大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター実験農場を設置している[2]

沿革

  • 1939年 - 東北帝国大学に農学研究所を設置[1]
  • 1947年 - 東北帝国大学に農学部を設置[1]
  • 1953年 - 大学院農学研究科を設置[1]
  • 2017年 - 雨宮キャンパスから青葉山新キャンパスに移転[1]

学科

  • 入学定員150人[3]
    • 生物生産科学科[2]
    • 応用生物化学科[2]

著名な出身者

政治、行政

経済

研究

その他

博士号取得者

関連項目

脚注

出典
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 「沿革」東北大学 大学院農学研究科・農学部
  2. 2.0 2.1 2.2 「研究科長・学部長挨拶」東北大学 大学院農学研究科・農学部
  3. 入学状況東北大学

外部リンク

テンプレート:東北大学