actions

昭和電線ホールディングス

昭和電線ホールディングス株式会社(しょうわでんせんホールディングス、英文社名:SWCC Showa Holdings Co., Ltd.)は、傘下に事業会社を置く昭和電線グループの持株会社である。

電線業界大手6社(住友電工古河電工フジクラ日立金属三菱電線)の一角であり、電線・ケーブル事業の他、免震部材や事務機器用部品などの事業も展開している。 国内で唯一、ディップフォーミング方式による銅線製造を行っている。

沿革

  • 1936年昭和11年)5月26日 - 東京電気株式会社(現・東芝)より独立、昭和電線電纜株式会社(しょうわでんせんでんらん)設立。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 東証1部に株式上場。
  • 1961年(昭和36年)12月 - 相模原工場操業開始。
  • 1968年(昭和43年)5月 - 三重工場操業開始。
  • 1972年(昭和47年)8月 - 仙台工場操業開始。
  • 1990年平成2年)4月 - 海老名工場操業開始。
  • 1995年(平成7年)5月 - 愛知工場操業開始。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 昭和電線デバイステクノロジー、昭和電線ケーブルシステム、昭和電線ビジネスソリューションを設立。持株会社となり、昭和電線ホールディングス株式会社に社名変更。
  • 2011年(平成23年)5月 - 富通集団有限公司と業務提携。
  • 2011年(平成23年)9月 - 富通集団(香港)有限公司が筆頭株主となる。
  • 2017年(平成29年)12月 - 東京都港区から神奈川県川崎市に本社を移転。

主要関係会社

かつて存在した連結子会社

外部リンク