操作

日本航空

Japan Airlines Logo (2011).svg
日本航空株式会社
Japan Airlines Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
略称 JAL
日航
本社所在地 日本の旗 日本
140-8635
東京都品川区東品川二丁目4番11号
野村不動産天王洲ビル
設立 1953年10月1日(創業1951年8月1日)
業種 空運業
事業内容 航空運送事業
外部リンク https://www.jal.co.jp
テンプレートを表示
日本航空
Japan Airlines
IATA
JL
ICAO
JAL
コールサイン
JapanAir
設立 1953年10月1日
ハブ空港 東京国際空港(国内線及び国際線)[1]
成田国際空港(国際線)[1]
大阪国際空港(国内線)[1]
関西国際空港(国際線)[1]
焦点空港 中部国際空港
新千歳空港
福岡空港
マイレージサービス JAL MILEAGE BANK
会員ラウンジ JALラウンジ
(計4種・世界28ヶ所)[2]
航空連合 ワンワールド
本拠地 東京都品川区
外部リンク https://www.jal.co.jp/
テンプレートを表示

日本航空株式会社(にほんこうくう、英語: Japan Airlines Co., Ltd.略称: JAL(ジャル))

日本を代表する大手航空会社。

1951年設立,1953年日本航空株式会社法に基づき特殊法人となり,1954年東京―サンフランシスコ線など国際定期便の運航を開始した。1967年には世界一周路線を開設,1975年日本と台湾を結ぶ航路を分離して日本アジア航空を設立した。1987年完全民営化され,民営化後は経営の多角化をはかり,JALエクスプレスなどの関連会社を設立して JALグループを形成した。2002年10月日本エアシステム持株会社日本航空システムを設立,その傘下で日本航空,日本エアシステムともに事業会社となった。両社は 2004年4月に完全統合し,6月に日本航空システムから日本航空に名称を変更した。この統合を機に事業会社の日本航空は名称を日本航空インターナショナルに変更,JALグループ内で国際線事業の中核を担うこととなった。一方,その持株会社が日本航空を名のった。

2010年財務の悪化に伴い会社更生法の適用を申請,2010年12月,持株会社日本航空と日本航空インターナショナルなど 5社が合併し,2011年4月,社名を日本航空に変更。経営体制を一新して,企業再生支援機構の支援を受けながら路線縮小,人員削減などによって再建に努めた結果,2012年春になって利益計上も可能となった。2011年初時点の保有機は 120機以上。ほかに 35機のボーイング787ドリームライナーを含む約 50機を発注。


脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: