操作

大日本帝国海軍

日本海軍から転送)

(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)

1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本大日本帝国)に存在していた軍隊海軍)組織。


安政2 (1855) 年江戸幕府は海軍伝習所を長崎に設立し,オランダ海軍士官を師として海軍に関する学術,実習の教育を行なったが,これが日本における近代的海軍の始りとされる。

明治新政府は,明治1 (1868) 年に官制として海陸軍務課のもとに海軍を制定した。さらに同2年幕府から接収した艦船7隻と,諸藩から献上された 11隻を兵部省の所属としたが,これが帝国海軍の創設にあたる。同5年2月兵部省が廃され,海軍省が独立した。

人員の教育訓練は,明治維新直前からイギリスに委託し,教官の招聘,留学生の派遣など,教育,諸制度を整え,長崎や横須賀に造船所を設けた。同3年以降毎年海軍拡張案が提出されたがなかなか実現せず,特に明治憲法発布 (1889) 以後は毎回議会によって否決された。

1891年頃から朝鮮および清国をめぐる情勢が悪化し,議会も海軍拡張を承認し,近代海軍の基礎が確立された。日清・日露戦争に勝ち,日露戦争後には主力艦の国産化にも成功した。第1次世界大戦後は,イギリス,アメリカに次いで世界第3位の海軍力を保有するようになった。

第2次世界大戦において,日中戦争から太平洋戦争に突入。太平洋戦争では,零式艦上戦闘機や酸素魚雷 (九五式魚雷 , 九三式魚雷 ) などの優秀な兵器と航空母艦 (空母) を基幹とする機動部隊の大規模集中的使用や陸上基地航空機による戦艦の撃沈など,海戦史上に画期的な成果をあげた。

しかし開戦第2年目に入る頃から形勢は逆転し,総合的には科学技術を含む国力の差,国策的には海洋国としての大陸政策の強行,戦略的にはアメリカの圧倒的優勢な空母兵力に対して陸上基地航空兵力の無力さから,4年間の悪戦苦闘の末,1945年敗戦によって解体された。



Rakuten 楽天市場検索: