actions

日向灘

日向灘
座標 東経131度50分北緯32度 東経131.833度32; 131.833
親水域 フィリピン海
海洋 太平洋
日本の旗 日本
自治体 宮崎延岡日向日南など

日向灘(ひゅうがなだ)とは、フィリピン海(北西太平洋)の一部で、宮崎県東部沖合の海域

海上保安庁が発行する日本の水路図誌海図)にも掲載されており、宮崎県の南端都井岬から大分県佐伯市鶴御埼までの沖合とされている[1]

黒潮都井岬沖を経て四国沖に達するため、イワシマグロカツオの回遊する好漁場になっている。また、景観が美しく日豊海岸日南海岸といった国定公園、更にシーガイアなどの観光資源にも恵まれている。

かつては碁石の産地として知られていたが、現在は原料となるハマグリ絶滅寸前に追い込まれている[2]

今では絶滅したと見られるが、シロナガスクジラ[3]などの大型種やイルカ[4]などの小型種にいたるまでの多様な鯨類大淀川河口のニホンアシカの棲息地など、豊かな生態系が存在した。日南市には「いるか岬」と呼ばれる地名も残る。

日向灘に流れ込む主な川

関連項目

脚注

  1. 海の相談室 FAQ 灘ってなに?」、海上保安庁 海洋情報部、2017年9月10日閲覧
  2. 日向特産 はまぐり碁石ができるまで - 日向はまぐり碁石まつり 日向市公式ウェブサイト内。
  3. 日本沿岸の個体群はすべて絶滅したと思われる
  4. イルカ岬という地名が現在でも残る