操作

新田義貞

新田義貞公肖像.jpg
新田義貞
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 正安3年(1300年)頃
死没 延元3年/建武5年閏7月2日1338年8月17日
幕府 鎌倉幕府
主君 守邦親王後醍醐天皇
氏族 新田氏

新田 義貞(にった よしさだ)

鎌倉時代末期,南北朝時代の武将。元弘の乱で,幕府側に属し楠木正成を千早城に攻めていたが,元弘3=正慶2 (1333) 年上野に帰国,5月8日討幕の兵を挙げた。5月 22日鎌倉幕府を滅ぼし,まもなく上洛。越後守,越後守護,上野介を兼任。建武1 (34) 年従四位上,播磨守を兼任。翌年,中先代 (なかせんだい) の乱を機に足利尊氏が建武政府 (建武中興 ) にそむくと,尊氏追討のため東下したが,箱根竹ノ下の戦いに敗れ,また延元1=建武3 (36) 年には摂津兵庫で敗れ,ついに北陸に逃れた。越前金崎城を中心に北陸経営に努めたが,延元3=暦応1 (38) 年斯波高経軍の藤島城攻めにあい,戦死した。

先代:
新田朝氏
新田氏第8代当主
1318年 - 1338年
次代:
新田義宗


Rakuten 楽天市場検索:



脚注