actions

斎藤隆夫

斎藤 隆夫(さいとう たかお、1870年9月13日(明治3年8月18日) - 1949年(昭和24年)10月7日)

政治家。東京専門学校卒業後,弁護士。 1912年から衆議院議員。立憲民政党に所属し,自由主義者として軍国主義的傾向を批判。 36年,二・二六事件直後の第 69特別議会における粛軍演説は有名。 40年の戦争批判演説で除名されたが,42年の翼賛選挙では非推薦で最高点当選。第2次世界大戦後はすでに老齢で,吉田,片山両内閣の国務相をつとめたが,戦前の精彩はなかった。伝記に川見禎一『斎藤隆夫』がある。