操作

文部科学省大臣官房

文部科学省大臣官房(もんぶかがくしょうだいじんかんぼう)は、文部科学省内部部局の一つ。

概要

大臣官房には珍しい「部」組織を持つ(文教施設企画部)。同部は他の部局との人事交流が少ない一方で、全国に工事事務所を持つ専門性の強い部門であり、ノンキャリア技官の唯一の幹部ポストだった。しかし、2008年に発覚した「文部科学省施設整備汚職事件」以来、キャリアのローテーションに組み込まれた。なお、同汚職事件では銭谷真美事務次官の下、官房総括審議官だった合田隆史(いずれも当時)を直属のリーダーとする調査チームを設置し調査が行われた[1]

幹部

  • 官房長
  • 総括審議官
  • サイバーセキュリティ・政策立案総括審議官
  • 審議官(9)
  • 企画官(2)

組織

    • 企画官(2)
  • 人事課
    • 副長(2)
    • 福利厚生室
    • 人事企画官(2)
    • 調査官
    • 人事評価調整官
  • 総務課
    • 副長(2)
    • 広報室
      • 報道専門官
    • 企画官(2)
    • 連絡調整官
    • 情報開示官
    • 個人情報保護専門官
    • 危機管理専門官
    • 能率専門官
  • 会計課
    • 副長(2)
    • 財務分析評価企画官
    • 予算企画調整官(2)
    • 政府調達専門官
    • 国有財産調査官
    • 合同庁舎管理専門官
  • 政策課
    • 評価室
      • 評価専門官
    • 情報システム企画室
      • 情報システム専門官
      • 情報化推進専門官
    • 調査官
    • 企画官
  • 国際課
    • 国際協力企画室
      • 人物交流専門官
      • 海外協力官
      • 国際協力調査官
  • 参事官(2)
  • 文教施設企画部
    • 施設企画課
      • 防災推進室
      • 契約情報室
        • 工事契約専門官
      • 企画調整官
    • 施設助成課
      • 計画整備専門官
    • 計画課
      • 整備計画室
      • 企画官
    • 参事官
      • 企画官
      • 監理官
    • 技術参事官

歴代幹部

( )内は退任後の経歴

官房長


総括審議官

文教施設企画部長

脚注

  1. 調査報告 平成20年7月10日 - 文部科学省ホームページ。