actions

徳川斉匡

徳川斉匡
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永8年4月19日1779年6月3日
死没 嘉永元年6月8日1848年7月8日
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏一橋徳川家田安徳川家

徳川 斉匡(とくがわ なりまさ)は、徳川御三卿の一つ田安徳川家第3代当主。

一橋徳川家2代当主徳川治済の五男。母は丸山氏。江戸幕府11代将軍徳川家斉の異母弟にあたる。

生涯

安永8年(1779年)4月19日に生まれる。天明7年(1787年)6月13日、第2代当主徳川治察の死亡以来長く「明屋敷」となっていた田安徳川家の屋敷と領地を相続した。これに対し、御三家徳川宗睦(尾張家)や徳川治保(水戸家)は強く反発した。御三卿の創立者である徳川吉宗の意向に背き、将軍の庶子ではなく御三卿の庶子が相続したからである。老中松平定信(治察の実弟)は、養母・宝蓮院(徳川宗武正室)の遺志であるなどとして説得した。

文化10年(1813年)12月25日、第11代将軍徳川家斉の子の斉荘を養子に迎える。

天保8年(1837年)10月には、従一位に昇叙する。父、治済と同様に生前に従一位に叙されるのは異例。 (将軍家斉にとって異母弟ではあるが、当時唯一生存していた兄弟だったためだろうと思われる。)

斉匡は兄家斉と同様に子女に恵まれ、縁組と財政について幕閣を悩ませた。正室裕宮貞子の子で嫡子であった匡時のほか、5代当主となる慶頼(側室篠﨑氏の子)、斉位慶壽松平慶永慶臧など数多くの子女がいたが、天保7年(1836年)8月に匡時が病弱であることを理由として幕命により廃嫡となり、斉匡は隠居させられた。第4代当主となったのは養子の斉荘で、斉荘が尾張藩主に転出した後、実子の慶頼が5代当主に就任し、先々代当主で実父の斉匡がその後見に当たることとなった。

嘉永元年(1848年)6月8日に死去した。享年70(満69歳没)。

官歴

※日付=旧暦

出典

  • 『徳川諸家系譜3』