操作

広田弘毅

Koki Hirota posing cropped.jpg
広田 弘毅
ひろた こうき
生年月日 1878年2月14日
出生地 福岡県那珂郡鍛冶町
没年月日 (1948-12-23) 1948年12月23日(70歳没)
死没地 東京都豊島区
出身校 東京帝国大学法学部卒業
前職 駐箚ソビエト連邦特命全権大使

内閣 廣田内閣
在任期間 1936年3月9日 - 1937年2月2日
天皇 昭和天皇

第55代 外務大臣
内閣 第1次近衛内閣
在任期間 1937年6月4日 - 1938年5月26日

第49-51代 外務大臣
内閣 齋藤内閣、岡田内閣、廣田内閣
在任期間 1933年9月14日 - 1936年4月2日

在任期間 1937年5月31日 - 1945年12月13日
テンプレートを表示

広田 弘毅(ひろた こうき、旧字体:廣田1878年明治11年)2月14日 - 1948年昭和23年)12月23日

外交官,政治家。東京大学を卒業し,1906年に外務省に入った。1926~30年駐オランダ公使,1930~32年駐ソ大使。

1933~36年斎藤実岡田啓介両内閣の外相として,穏和な対外政策を唱えながら,軍部の強硬方針を抑えられなかった。 1936~37年首相。日独防共協定を締結。

1937~38年第1次近衛文麿内閣の外相。 1945年6月には和平工作のため駐日ソビエト大使 Y. A.マリクと会談したが,不成功に終った。

第2次世界大戦後,極東国際軍事裁判によって,A級戦犯として絞首刑を言い渡され,文官でただ1人処刑された。

脚注

関連項目