actions

幸田露伴

幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日慶応3年7月23日) - 1947年昭和22年)7月30日

文学者。本名,成行 (しげゆき) 。通称,鉄四郎。別号,叫雲老人,蝸牛庵 (かぎゅうあん) ,脱天子など。少年時代,東京図書館に通い古今の文学書を読破した。『露 (つゆ) 団々』 (1889) で彗星のごとく登場,以来『風流仏』 (89) ,『一口剣』 (90) ,『五重塔』 (91~92) ,『風流微塵蔵』 (93~95,未完) などの名作を発表し,尾崎紅葉と並んで「紅露」時代と呼ばれる一時期を画した。一方『めさまし草』で森鴎外,斎藤緑雨と新作小説合評「三人冗語」を試み (96) ,『新小説』の編集にたずさわるなど,新人の育成にも努めた。さらに紀行文集『枕頭山水』 (93) ,随筆集『らん言』 (1901) ,『長語』 (01) ,考証『芭蕉七部集評釈』 (20~47) など活躍は多岐にわたっている。明治,大正,昭和と創作活動を続け,『天 (そら) 打つ浪』 (03~05,未完) ,『運命』や『連環記』 (40) などを書き継ぎ,西洋に追随した近代文学のなかで,東洋思想の伝統に根ざした独自の作風を大成した。 1937年第1回文化勲章受章。芸術院会員。幸田文の父。

脚注



楽天市場検索: