actions

平井村 (東京府)

平井村
廃止日 1914年4月1日
廃止理由 編入合併
平井村小松川町奥戸村
現在の自治体 江戸川区葛飾区
廃止時点のデータ
地方 テンプレート:地方区分東京府
都道府県 東京府
南葛飾郡
隣接自治体 吾嬬町亀戸町、小松川村、
奥戸村、本田村大木村
 表示 

平井村(ひらいむら)とは、東京府南葛飾郡にかつて存在した村である。現在の江戸川区の西部と葛飾区の南部にまたがって位置していた。荒川放水路の設置に伴い村域の一部を失い、残部が両岸の自治体に編入された。江戸川区の地名としては現存するが、葛飾区となった地域は現在「新小岩」に改称されており、上平井水門、上平井橋、葛飾区立上平井小学校などにその名をとどめている。葛飾区立上平井中学校は域外に移転しても名を継承している。

沿革

現在の地名

江戸川区平井、葛飾区西新小岩東新小岩五丁目、六丁目、七丁目、八丁目(いずれも大体の範囲)

経済

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば、平井村の篤農家は「島村誠次郎、松本兼吉」などである[1]

脚注

  1. 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、281頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月16日閲覧。

関連項目