actions

岩城島


岩城島(いわぎじま)は、愛媛県北東部に位置する離島である。広くは芸予諸島に、小さくは上島諸島に含まれる。行政区画は愛媛県越智郡上島町

島の中央にそびえる積善山は、三千本に及ぶ桜の名所としても知られている。これらの観光資源を活用した観光客誘致や、1985年からは「青いレモンの島」のキャッチフレーズで、島特産のレモンを利用した産業振興策に取り組み始め、今日では一定の評価を得ている。さらに、1990年代からはグリーンツーリズムなどにも取り組んでいる。

自然

岩城島の位置
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: * の演算対象がありません。%; left: -7393%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
愛媛県における位置
ファイル:Iwagijima.JPG
岩城港と岩城地区
ファイル:岩城島 積善山山頂(370m).jpg
積善山山頂から、生名島・因島方面を望む
ファイル:View from mt sekizen.jpg
生口島の洲江港と岩城島の小漕港(手前)。右側には西瀬戸自動車道の生口島橋
  • 島の中央に位置する標高370メートルの積善山を中心とし、やや膨らんだ三角形の形をした小島である。
  • 属島として、赤穂根島津波島などがある。

地理

  • 生口島の南に位置する。
  • 島の一番の集落は、南部の岩城地区で、行政関係機関などがある。

地名の由来

岩城という名は古代の部族名による、あるいは平安時代に岩清水八幡の所領になったとか、いくつかの説がある。また、魏志倭人伝に「己百支」(いわき)国としてすでにその名があるが、確たるものは不明。(村の資料より)

歴史

行政

経済

主要産業は、農業ならびに造船業である。

交通

岩城島を含む上島地域の交通の中心は因島(広島県)であり、因島への航路に大きく依存する。因島または本島のすぐ北に位置する生口島まで渡ると、瀬戸内しまなみ海道により、本州および四国と橋でつながっている。島を一周する道路には「しまなみサイクリングロード」の一環としてブルーのラインが路面に引かれている。

航路

  • 今治 - 友浦(大島) - 木浦(伯方島) - 岩城 - 佐島 - 弓削 - 生名 - 土生(因島) 高速艇
  • 木浦 - 岩城 - 佐島 - 弓削 - 生名 - 土生 フェリー
  • 小漕(岩城島) - 洲江(生口島) - 金山(因島) フェリー

港湾施設

  • 岩城港(岩城漁港) - 岩城島周囲の漁場ではマダイアコウダイメバル等が生息し、一本釣り、刺し網、採介藻、養殖業など多種に渡る漁業が営まれており、岩城漁港は上島町の水産業に重要な役割を果たしている。ただ、桟橋や物揚場は昭和40年代から50年代にかけて整備されたもので、かなり老朽化している。
  • 小漕港 - 島の北部にあり、因島、生口島と結ばれている。

道路(計画)

本島と東隣の生名島とを結ぶ岩城橋(他2橋と合わせて上島架橋と総称される)の構想が長らくあり、2017年7月19日に起工式がおこなわれた[1]。2021年度に完成の予定である[1][2]

名所・名産

テンプレート:定義リスト2

脚注

関連項目

テンプレート:芸予諸島

座標: 北緯34度15分38.2秒 東経133度8分58.1秒