操作

寺田寅彦

寺田 寅彦
生誕 1878年11月28日
日本の旗 日本 東京市麹町区
死没 (1935-12-31) 1935年12月31日(57歳没)
日本の旗 日本 東京市本郷区
墓地 王子谷墓地(高知市)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京帝国大学理科大学・理化学研究所東京帝国大学地震研究所
博士課程
指導教員
田中館愛橘長岡半太郎
主な指導学生 中谷宇吉郎坪井忠二
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞

寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年明治11年)11月28日 - 1935年昭和10年)12月31日

物理学者,随筆家。筆名,吉村冬彦,藪柑子ほか多数。第五高等学校を経て 1903年東京大学物理学科卒業。五高在学中から夏目漱石を知り,終生その門下であった。実験物理学を専攻し 16年東大教授。同大学の地震研究所,理化学研究所などに関係したが,病気療養中の 20年頃から本格的に写生文を書きはじめ,20年の『病室の花』以後,『冬彦集』 (1923) ,『藪柑子集』 (23) ,『万華鏡 (カレイドスコープ) 』 (29) ほか多くの著書を刊行。的確な写生表現力,人間関係への強い関心,自然科学の知識を根底におく精細な観察力などにより,理知と抒情を高次元で統一した独自な作風を示した。



Rakuten 楽天市場検索: