actions

富山大空襲


富山大空襲(とやまだいくうしゅう)

1945年(昭和20年)8月1日から8月2日にかけてアメリカ軍富山県富山市に対して行った空襲

軍需工場ではなく市街地に対して空襲が行われ、広島、長崎への原子爆弾投下を除く地方都市への空襲としては最も被害が大きかった[1]

註釈

註釈

出典

  1. 天地人 - 2011年(平成23年)8月1日、北日本新聞