操作

安平町

あびらちょう
安平町
地方 北海道地方
都道府県 北海道 胆振総合振興局
勇払郡
団体コード 01585-7
面積 237.16km2
(境界未定部分あり)
総人口 8,102
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 34.2人/km2
隣接自治体 苫小牧市千歳市
勇払郡厚真町夕張郡由仁町
外部リンク 安平町 公式サイト (日本語)

日本地域区画地図補助 01570.svg.png

安平町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

安平町(あびらちょう)

北海道南西部にある内陸の町。夕張山地馬追丘陵に挟まれた由仁安平低地を占める。 2006年早来町と追分町が合体して成立。地名はアイヌ語のアラピラペツ (片側に崖をもつ川の意) に由来。追分は 1889年北海道炭鉱鉄道の敷設などにより人口が増加し,鉄道の町として栄えた。 JR室蘭本線と石勝線の分岐点にあたる交通の要地で鉄道資料館がある。 1895年安平に鳥取県民が入植。火山灰地が多く,米作,豆類,アスパラガスなどの野菜が栽培されるほか,メロンを特産。酪農も盛んで,遠浅の乳牛生産は有名。国道234号線が縦貫する。面積 237.16km2(境界未定)。人口 8148(2015)。

脚注


外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: