actions

守護請

守護請(しゅごうけ)

室町時代,守護と荘園領主,知行国主との間に結ばれた荘園国衙領年貢の請負契約。足利尊氏が半済 (はんぜい) と称して荘園の年貢の半分を兵粮料として守護に与える政策をとったため,不法に年貢や土地を押領する者も現れ,荘園領主や知行国主は苦しんだ。そこで一定の年貢を確保するために行われたのが守護請であった。しかし守護請は荘園侵略の有力な手段となり,守護領国制を形成する一要因となった。




楽天市場検索: