操作

太閤

太閤(たいこう)、正式名称太閤下

大閤とも書く。平安時代には摂政または太政大臣の敬称として用いられたが,のちには関白の職をその子に譲った人を称するようになった。太閤が出家すると禅閤 (ぜんこう) といった。豊臣秀吉が養子秀次に関白を譲ったのち太閤と称したのは有名である。ただし在職中に太閤と称した例が平安時代にみられ,関白太閤と書かれている。



Rakuten 楽天市場検索: