actions

天球

てんきゅう、celestial sphere

観測者を中心とした,半径の無限に大きい仮想的球面。天体の視位置をその上に投影し,見かけの位置を求める。地球の地軸の延長線が天球と交わる点を,それぞれ天の北極天の南極と呼び,地球の自転に伴って天体は1日1回このまわりを回る。地軸に垂直な平面と天球とが交わってできる大円を天の赤道と呼ぶ。観測者を通る鉛直線と天球との交点を天頂,反対側を天底,鉛直線に垂直で観測者を通る平面と天球とが交わってできる大円を地平線と呼ぶ。天体の視位置は,天球上の適当な起点を定めてはかられる。地平座標赤道座標黄道座標銀河座標などが用いられる。