actions

基礎生物学研究所

基礎生物学研究所(きそせいぶつがくけんきゅうじょ、英語: National Institute for Basic Biology

 国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人自然科学研究機構傘下の国立の研究所。英語名はNational Institute for Basic Biology。略称は基生研、NIBB。日本学術会議の勧告に基づき、生物の基本的な細胞の働きなどを探るため1977年(昭和52)5月に創設された。所在地は愛知県岡崎市。

 地球上に生命が誕生してから長い歳月を経て、生物は単細胞生物から植物や動物に分化し、それぞれがおびただしく多様に進化してきた。その進化の過程にあっても、基本的に変化がないままに経過してきた普遍的な仕組みと、その逆に多様な変化を可能にした基本的な仕組みなどについて研究している。生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することを目ざしているもので、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの七つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っている。

 文部科学省主導の国家プロジェクトである「ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)」でメダカの遺伝資源蓄積を担当する。このプロジェクトは、各研究機関に散在する貴重な生物遺伝資源を収集、保存、提供するもので、基礎生物学研究所は、さまざまな系統や突然変異体のメダカを全国の大学・研究機関に提供している。  学問の進展とともに新学術領域研究へと研究活動を広げ、「哺乳(ほにゅう)類初期発生の細胞コミュニティー」「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」「動物における配偶子産生システムの制御」などのテーマにも取り組んでいる。2016年(平成28)10月、基礎生物学研究所で13年間研究した大隅良典(おおすみよしのり)に「オートファジーの仕組みを解明した功績」でノーベル医学生理学賞が贈られた。研究所では3年に一度、研究施設の一般公開を行っている。

外部リンク



楽天市場検索: