操作

地図

世界地図 1154年にモロッコで描かれたもの。当時の用途には十分なものであったと考えられる。現代においても鉄道路線図などのように主題に応じて実際の地形を変形、省略した地図が広く用いられている。さらに世界地図において国ごとの面積を人口に比例して描いたものなど、変形自体に意味を持たせた地図もある。

地図(ちず、英:map マップ、chart チャート)

地球表面の一部または全部の状況を,普通は縮小して,記号化し,平面上に表現したもの。

地図は土地の状態を空中写真のようにそのまま縮小して描いたものではなく,作成者が必要と認めた事項だけを選択のうえ,通常は総描し,地名,数値,国境,行政界などの見える形としては存在しない要素も含め記号化して表現したものである。地図には多目的な一般図と,特定の目的に基づく主題図 (特殊図) がある。作成方法では測量の成果としての地図である実測図と,実測図や調査資料,統計などから編集した編集図がある。縮尺からは大縮尺図,中縮尺図,小縮尺図がある。

関連項目



Rakuten 楽天市場検索: