actions

国道363号

国道363号(こくどう363ごう)は、愛知県名古屋市から岐阜県中津川市に至る一般国道である。

概要

ほぼ全線にわたって往復2車線以上だが、土岐市鶴里町柿野付近には往復1.5車線、中津川市阿木(根の上高原入り口付近から川上集落付近)には往復1車線の未整備区間がある。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[1][2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

路線状況

通称

  • 出来町通(名古屋市名東区、守山区)
  • 瀬港線(尾張旭市、瀬戸市)
  • 瀬戸街道(瀬戸市)
  • 中馬ハナノキ街道(土岐市、恵那市)
  • 恵那白川かえで街道(恵那市、白川町)

重複区間

  • 国道257号 岐阜県恵那市岩村町 一色交差点 - 裏山交差点
  • 国道418号 岐阜県恵那市山岡町馬場和田 - 恵那市岩村町 裏山交差点
  • 国道248号 愛知県瀬戸市 品野交番前交差点 - 東本町交差点
  • 国道155号 愛知県瀬戸市 東本町交差点 - 瀬戸橋南交差点

バイパス・改良事業など

  • 瀬戸バイパス(愛知県瀬戸市広之田町 - 同市白岩町、L=2.0km) ※一部開通済み
  • 柿野バイパス(岐阜県土岐市鶴里町柿野 - 同市鶴里町細野、L=3.3km) A工区、B工区は開通したがC工区は未開通
  • 陶バイパス(岐阜県瑞浪市)
  • 花白バイパス(岐阜県恵那市山岡町馬場田地内、L=1.2km) ※未開通
  • 吉良見工区・明智町大田工区・明智町工区歩道設置(岐阜県恵那市)
  • 川上工区現道拡幅(岐阜県中津川市阿木川上地内、L=0.1km)

地理

通過する自治体

交差する道路

脚注

注釈

  1. 1.0 1.1 2004年10月25日に恵那市山岡町明智町岩村町串原村上矢作町の1市4町1村が合併し、新「恵那市」発足。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2015年4月1日現在
  3. 重複区間を除く

出典

  1. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2014閲覧.
  2. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 20. . 2017閲覧.
  4. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2014閲覧.

関連項目