actions

国分寺

国分寺(こくぶんじ)

奈良時代,聖武天皇の詔によって天平 13 (741) 年諸国に建立された寺。正しくは,僧寺を金光明四天王護国之寺,尼寺を法華滅罪之寺という。国分寺は国府の近くに,国分尼寺の鐘の音の聞えるところにおかれた。釈迦如来像を本尊とし,僧寺には,七重塔を設けて『金光明経』を,尼寺には『法華経』をおき,別に天皇の書写になる金字の『最勝王経』を納めた。これは,入唐留学僧玄昉の進言によって,中国の制度を模したものであるが,当時の社会不安や疫病の流行などによって,建立の詔が出されたものと思われる。平安時代中期以降には国分寺の多くは廃絶したが,残ったものも本来の姿は失われた。



楽天市場検索: