actions

合掌造り民家園

合掌造り民家園(がっしょうづくりみんかえん)は、岐阜県大野郡白川村にある博物館野外博物館)。

昭和30年代、次々と貴重な合掌造りの民家が移築、および離村により失われていった。これに危機感を持った白川村が、合掌造りの建築物、文化の保存のために1971年(昭和46年)に開業した施設である。開業当初の名称は「白川郷合掌村」。その後、「白川郷合掌の里」と改称し、現在の「合掌造り民家園」となる。

概要

敷地内には、岐阜県重要文化財指定建造物9棟を含む約15棟が移築保存されている他、白川村の文化、伝統の資料を展示している。また、白川村で集団離村で消滅した集落の写真などを展示している。 岐阜県重要文化財指定建造物は全て合掌造りである。民家のみではなく、合掌造りの板倉、唐臼小屋、馬小屋、稲架小屋もある。

主な建造物

県重要文化財

旧中野義盛家住宅
旧所在地は白川村加須良地区[1][2]安政年間建築の木造切妻合掌造り(茅葺)の庄屋の家。
旧中野長治郎家住宅
旧所在地は白川村加須良地区。木造切妻合掌造り(茅葺)。建築時期は不明だが、1878年明治11年)に購入した建物を加須良地区に移築したという記録があり、それ以前と推測される。
旧山下陽朗家住宅
旧所在地は白川村加島地区。木造切妻合掌造り(茅葺)。建築時期は不明。
旧大家藤重家板倉
旧所在地は白川村大窪地区。木造切妻合掌造り(茅葺)の板倉。1783年天明3年)建築。
旧大家藤重家稲架小屋
旧所在地は白川村大窪地区。木造切妻合掌造り(茅葺)の小屋。江戸時代末期の建築と推測される。
旧山茂文四郎家馬小屋
旧所在地は白川村馬狩地区。木造切妻合掌造り(茅葺)の馬小屋。明治時代中期の建築。
旧山茂文四郎家唐臼小屋
旧所在地は白川村馬狩地区。木造切妻合掌造り(茅葺)の唐臼小屋。明治時代中期の建築。

所在地

岐阜県大野郡白川村荻町2499

営業要項

営業時間

  • 8:40~17:00 (4月~7月・9月~11月)
  • 8:00~17:30 (8月)
  • 9:00~16:00 (12月~3月)

定休日

  • 木曜日 (12月~3月。木曜日が祝日の場合は前日)
  • 年末年始

入場料

  • 大人 500円
  • 小人 300円

交通

脚注

  1. 1964年頃、住民の離村により消滅した白川村の集落。庄川支流の加須良川沿いに存在した。
  2. この加須良地区の離村が「合掌造り民家園」の開業のきっかけとなったという。
  3. 高速バス。予約制。

外部リンク