操作

反デューリング論

反デューリング論』(はんデューリングろん、ドイツ語: Herrn Eugen Dührings Umwälzung der Wissenschaft

『オイゲン・デューリング氏の科学の変革』Herrn Eugen Dührings Umwälzung der Wissenschaftが正しい書名。盲目のベルリン大学私講師デューリングの論説に対して、エンゲルスがマルクスの協力を得て行った批判の書である。ドイツ社会主義労働者党の中央機関紙『フォーアウェルツ』に1877年から1878年にかけて掲載され、完結と同時に単行本として刊行された。広い分野にわたるデューリングの俗流的な理論を批判するため、本書は、哲学、経済学、社会主義の三つの編からなり、弁証法的唯物論と唯物史観、経済学の対象と方法、価値、資本や、科学的社会主義の主張、といったマルクス主義の包括的な体系の積極的な展開を行っており、マルクス主義理論の百科全書ともいうべき著作となっている。



Rakuten 楽天市場検索: