actions

原敬

原敬.jpg

原 敬(はら たかし、安政3年2月9日1856年3月15日) - 大正10年(1921年11月4日

政治家。南部藩家老職の次男に生れる。 1879年司法省法学校を中途退学し,郵便報知記者,大東日報主筆を経て,82年外務省に入った。 89年農商務省に転じ,陸奥宗光に師事,96年駐韓公使となったが,翌年辞任し大阪毎日新聞編集総理,のち社長。 1900年立憲政友会の創立には関西財界を背景に尽力,同年伊藤博文内閣の逓相,02年衆議院議員となり,第1,2次西園寺内閣,山本権兵衛内閣の内相。山県有朋らの藩閥勢力を懐柔する一方,党内の指導権を握り,14年政友会総裁に就任。 18年米騒動で倒れた寺内正毅内閣のあとをうけて内閣総理大臣として「平民宰相による最初の政党内閣」を組織。しかし,普通選挙の実施を拒否し,社会運動には弾圧政策でのぞむなど,力と党利党略の政治家として世の批判をも受けた。 21年東京駅で中岡艮一に刺殺された。『原敬日記』 (和本 82冊,1875~1921) は明治,大正政治史の貴重な資料。



楽天市場検索: