操作

原子爆弾

核兵器 > 核爆弾 > 原子爆弾

原子爆弾(げんしばくだん、原爆: atomic bomb

原爆と略称される。ウラン,プルトニウムなどの原子核分裂に伴って放出される巨大なエネルギーを利用した爆弾。原料としては天然のウランから同位体分離により得られるウラン 235,原子炉中に生じるプルトニウム 239が用いられる。最初の原爆実験は 1945年7月 16日,アメリカのニューメキシコ州で行われ,同年8月6日,広島にウラン 235爆弾 (リトルボーイ ) ,8月9日,長崎にプルトニウム 239爆弾 (ファットマン ) が投下され甚大な被害を出した。 1kgのウラン 235が完全に核分裂を起せば,およそ 2×1013 calのエネルギーを放出するが,これは TNT火薬の約2万tに相当する。原爆による被害は爆発時の熱,衝撃および放射線の効果だけでなく,残留放射能による影響も大きい。分裂反応の効率を低下させ,反応量を 1kg以下としたものが小型原爆で戦術用に使用される。超臨界量を使用し,効率を高め反応量を 1kg以上としたものが大型原爆で,それに熱核物質を加えたものを強化原爆といい戦略用に使用される。




Rakuten 楽天市場検索: