actions

南スーダン

スッド地方にあるホワイトナイル川沿いの村.南スーダン.jpg

正式名称 南スーダン共和国 The Republic of South Sudan。

面積 64万4330km2

人口 915万(2011推計)。

首都 ジューバ

アフリカ大陸北東部に位置する国。北はスーダン,東はエチオピア,南はケニア,ウガンダ,コンゴ民主共和国,西は中央アフリカ共和国に接する。ナイル川水系のアラブ川ガザール川ジャバル川ソバト川ホワイトナイル川が広大な平原地帯と高原地帯を流れる。中央には粘土平原が広がり,中心部に巨大な沼沢地帯のスッド地方がある。最高地点はウガンダとの国境付近にあるキンイェティ山(3187m)。住民の大半がキリスト教,アフリカ伝統宗教を信仰する黒人。ナイル語系諸族(ナイロート)が最も多い。サバナ地帯,湿地帯,熱帯雨林を擁する多様な生態系のもと,野生動植物の種が豊富に存在する。熱帯性気候で雨季と乾季がある。1820年にオスマン帝国のエジプト太守ムハンマド・アリースーダン地方を征服したあと,南部では奴隷取引が盛んに行なわれた。19世紀末,イギリスとエジプトの共同統治領となった。1956年のスーダン共和国(スーダン)独立以後,イスラム法(シャリーア)とイスラム文化を導入することに積極的な北部指導層と,この政策に反対する勢力との間で抗争が勃発。反対派には南部住民の大多数が加わった。抗争は長期に及ぶ内戦へと発展,エチオピアの和平調停による 1972年のアジスアベバ協定で一時終結したものの,広範囲で戦闘が再開,1983年には第2次内戦に突入した。2005年,包括和平協定が調印され,南部スーダンに一定の自治が認められた。2011年1月,北部からの完全独立の是非を問う住民投票を実施。その結果,2011年7月9日,南スーダンは独立を宣言した。(スーダン内戦



楽天市場検索: