操作

勅許会社

勅許会社(ちょっきょがいしゃ、: Chartered company)は特許会社とも呼ばれ、主にイギリスオランダなどの西欧諸国で国王女王勅許または国家行政の特別許可状[1]をもらい設立された貿易を主とする会社で、特に植民地獲得への貿易、植民地の経済支配の目的で作られ、そうした経済活動はリスクが大きかったので、会社設立の見返りとして経済貿易に関する独占権を与えられたもの。イギリス東インド会社オランダ東インド会社などがある。

歴史

1555年にイギリスで作られたモスクワ会社が、勅許会社としては初期の例である。大航海時代の貿易は各航海ごとに出資者を募り、航海後それを清算して解散していた。これを改めて、継続的な勅許会社が作られるようになり、それがその後株式会社に発展したといわれる。

関連項目

脚注・出典

  1. Charter

外部リンク