actions

六条天皇


六条天皇(ろくじょうてんのう、長寛2年旧11月14日1164年12月28日) - 安元2年旧7月17日1176年8月23日))は日本の第79代天皇(在位:永万元年旧6月25日1165年8月3日) - 仁安3年旧2月19日1168年4月9日))。順仁(のぶひと)という。

系譜

二条天皇の第二皇子(第一皇子は大僧都尊恵だが、六条天皇が第一皇子とみなされる場合もある)。母は大蔵大輔伊岐致遠[1]。母の身分が卑しかったため、父帝の中宮藤原育子を母后と公称した[2][3]

系図

テンプレート:皇室鎌倉前期

来歴

数え2歳(満7か月と11日)で親王宣下立太子し、その日のうちに践祚した。これが歴代最年少での即位である。その1ヶ月後の7月27日に即位式が行われるが、途中で泣き出して中断したために、参議中山忠親が赤ん坊には儀式よりも乳の方が大切だと機転を利かせ、慌てて乳母蔵人頭藤原邦綱女・成子が授乳してやっと落ち着かせたという。政務は外伯父の摂政近衛基実と邦綱が表向きを取り仕切った。

在位2年8か月で祖父後白河上皇の意向により、叔父の憲仁親王に譲位高倉天皇)して歴代最年少の上皇となった。その後は後白河院の庇護下に置かれたが[4]、これは六条院が反対派に擁されることを防ぎ自己の王権を安定させるための後白河院の措置だったとみられる[5]。その後元服を行うこともなく、数え13歳(満年齢11歳8ヶ月)で崩御、死因は赤痢と言われる[6]。后妃も子もなかった。

父の二条天皇は在世中に親政を行おうとして後白河院と対立した上、異母弟・憲仁親王の擁立を画策したとして、憲仁親王の叔父・平時忠流罪平教盛藤原成親坊門信隆解官して後白河院の院政を停止させた。しかし二条天皇の崩御後に、政治の実権を奪われていた後白河院が平清盛と手を結んで甥から叔父へという不自然な皇位継承を実現させた。

在位中の元号

日付は旧暦日。

  • 永万 - 元年6月25日践祚、2年8月27日改元(代始改元)
  • 仁安 - 3年2月19日譲位

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市東山区清閑寺歌ノ中山町にある清閑寺陵(せいかんじのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は円丘。かつては高倉天皇陵と同所にあったが、近世になって区分された。

また皇居では、宮中三殿のひとつ皇霊殿において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

注釈

  1. 六条天皇生母の出自については諸書に異同がある。「大蔵大輔伊岐善盛女」(『本朝皇胤紹運録』)、「伊岐兼盛女」(『簾中抄』)、「伊岐吉盛女」(『平家物語』)、「大蔵大輔藤原義盛女」(『百錬抄』)、「大蔵大輔伊岐宗遠女子」(『愚管抄』)。『山槐記』永暦元年11月15日条に「大蔵少輔伊岐善盛」との記載があるため、『本朝皇胤紹運録』による「伊岐善盛女」が正しいと考えられる(竹鼻績『今鏡(上)』講談社学術文庫、1984年、524頁)。
  2. 藤原育子の出自について、『尊卑分脉』は左大臣徳大寺実能の娘で法性寺関白藤原忠通の養女となったとしているが、別の資料では忠通の実の娘だったともいい、育子を通して摂関家近衛基実が外戚として六条天皇を後見したのは事実である。
  3. 六条天皇と徳大寺家の関係については、生母の実家伊岐氏が徳大寺家の家司の家柄であることから、徳大寺家が伊岐氏に代わって事実上の外戚とみなされたとする見方があり、六条天皇即位直前に徳大寺実定が権大納言を辞任したことや六条天皇譲位の背景には清盛による徳大寺家排除の意図があったとする見方もある(中村文『後白河院時代歌人伝の研究』笠間書院、2005年、48-49頁)。
  4. たまきはる』によると、承安3年(1173年)4月12日に発生した法住寺・萱御所の火災において、新院(六条院)が人に抱きかかえられて避難したとあり、後白河院と同居していたことが分かる。
  5. 佐伯智広「高倉皇統の所領伝領」(初出:『日本史研究』549号(2008年)/所収:佐伯『中世前期の政治構造と王家』(東京大学出版会、2015年) ISBN 978-4-13-026238-5)
  6. 山内、1993年、P75

参考文献

  • 山内益次郎『今鏡の周辺』(和泉書院、1993年)「幼帝六条天皇」