操作

児島湾

児島湾(こじまわん)

岡山県南部,児島半島の東部にある湾。近世初期は面積約 120km2であったが,現在では大部分が干拓され,残りの水域も西部は淡水化して児島湖となっている。江戸時代岡山の池田藩によって干拓工事が進められ,明治初年には 70km2に縮小した。明治以後,大阪の藤田組によって干拓が進められ,藤田村が形成された。なお第2次世界大戦後は国営により干拓が進められた。干拓地は機械を早くから取入れた先進農業地として知られている。旧児島湾沿岸には妹尾 (せのお) ,八浜 (はちはま)などの漁村が発達していた。



Rakuten 楽天市場検索: