actions

光学式マーク認識


光学式マーク認識(こうがくしきマークにんしき、光学マーク認識、OMR:Optical Mark RecognitionもしくはOptical Mark Reading)は、(通常は)の形式からコンピュータにデータを入力する方式の一つである。あらかじめ決められた規則に従って紙に記入または印刷されたマークを読み取る。よって、光学文字認識とは異なり、文字を認識するエンジンを必要としない。OMRに使用されるマークは他の部分との間に高いコントラストがあり、容易に認識できる特殊な形である必要がある。

OMRが使われているものでよく知られているものは、試験などに使われるマークシートである。シートにはあらかじめ円や正方の枠が印刷されており、答えに対応する枠の中を黒く塗りつぶすことで回答する。その後、シートは機械にかけられて自動的に採点が行われる。

他のOMRの利用例としてバーコードがある。