操作

元禄文化

元禄文化(げんろくぶんか)

江戸時代,5代将軍徳川綱吉の治世に,特に上方 (京都,大坂) を中心として展開した町人文化。

当時の貨幣経済の発達は町人の経済力を高め,華美な生活と遊興娯楽の余裕を町人に与えた。文芸面としては,演劇では,浄瑠璃節に三味線の伴奏と人形の演出を加えた人形浄瑠璃が竹本義太夫義太夫節として完成し,市川団十郎,坂田藤十郎らによる歌舞伎が盛行した (元禄歌舞伎 )

近松門左衛門は,浄瑠璃では世話物を,歌舞伎では時代物を主として扱った。特に世話物ではありのままの町人生活を描き,義理と人情の葛藤を美化しようとした。俳諧では,松永貞徳によって形式が整えられ,西山宗因を経て,松尾芭蕉の出現となり,蕉風の俳諧が完成された。小説では,井原西鶴が,浮世草子を著わし,町人や武士の生活を人間味あふれる筆致で描いた。絵画では狩野探幽らの狩野派に対して土佐派が復興しており,また尾形光琳を中心とした光琳派は,花鳥風月や人物を色調豊かに表わし,菱川師宣らの浮世絵は大いに民衆に愛好された。工芸面では,横谷宗珉,尾形乾山らが出てすぐれた作品を生み出した。学問の面においては,儒学では,朱子学派に山崎闇斎,木下順庵,貝原益軒,室鳩巣,新井白石らが,古学派に山鹿素行,伊藤仁斎,荻生徂徠,太宰春台らが,陽明学派に熊沢蕃山,淵岡山らが現れ,古典に対する批判や新しい解釈を行い,独自な学説も発表された。国学では,僧契沖,荷田春満,下河辺長流,北村季吟,賀茂真淵らが出て国学発展の基礎をつくった。(上方文化 , 上方文学 )  

脚注