actions

体節

体節(たいせつ、英語:segment, metamere)

動物体で類似した構造の部分が繰返し前後に連なっているもの,すなわち内臓,骨格,神経などが体内で数個の同じ構造の単位になって連続している場合に,そのひとつひとつを体節という。多足類にみられるような同じ構造単位が連なっている動物体を同規体節,無翅昆虫,脊椎動物のように体の各部分の機能が次第に分化して分業的になり各部分の構造が異なったものを異規体節という。ヒルのように体表面が体節構造をし内臓は異なるときには体環,ウドンムシのように体表面は体節ではなく内臓が体節的構造を示すものを擬体節といい,サナダムシ,ミミズのように体表面と内臓とが一致して体節構造を示すものを真体節という。脊椎動物の発生の途中では,左右の中胚葉が一定間隔で横位の隔壁により一定数の分節に区画される。この分節のひとつひとつもまた体節というが,正しくは中胚葉節または原節である。



楽天市場検索: