操作

九州日報

九州日報(きゅうしゅうにっぽう)は、1887年明治20年)に玄洋社系の新聞『福陵新報』として創刊された日本の日刊新聞。福岡県を中心に九州一円で販売されていた。現在の『西日本新聞』の前身のひとつである。

歴史

関連人物

参考文献

備考

九州日報は1940年(昭和15年)に読売新聞社の傘下となって、九州に読売進出の足がかりとなったが、新聞統制で消滅した。その後は西日本新聞が読売新聞と報道協定を結ぶ形となったが、1964年(昭和39年)に当時読売新聞の会長だった正力松太郎の方針で北九州市で『読売新聞西部本社』を設立させ、同年9月23日から九州地域に於いての読売新聞の発行を開始し、読売は22年ぶりに九州に“再進出”を果たした。

関連項目


  • テンプレート:読売新聞グループ本社