actions

乃木希典

乃木希典.jpg

乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日1849年12月25日) - 1912年大正元年)9月13日

陸軍軍人。長州の支藩である長府藩士乃木希次の三男。藩の集童場で文武を修業。江戸幕府の長州征伐のとき,長府藩士で組織された報国隊に加わり,砲兵隊員として戦闘に参加。戊辰 (ぼしん) 戦争にも加わり,明治1 (1868) 年 10月報国隊読書掛となった。その後京都に赴き,陸兵練兵教官などを務めたあと,同4年東京に出て新御親兵隊の陸軍少佐に任官。 1875年小倉の歩兵第 14連隊長心得。萩の乱西南戦争に参加したが,西南戦争では,軍旗を敵の手に奪われた。 1878年8月鹿児島県出身の湯地定基の娘静子と結婚。 1883年東京鎮台参謀長,1885年少将,歩兵第 11旅団長。 1886~88年ドイツに留学。日清戦争では歩兵第1旅団長,また第2師団長として参加。 1896~98年まで台湾総督。 1904年日露戦争勃発時には休職中であったが,留守近衛師団長として召集され,同年5月第3軍司令官として旅順を攻略。同年大将。 1907年学習院院長。明治天皇崩御後,大葬の日に東京の自宅で夫人静子とともに殉死。当時の国軍の最高峰として「海軍の東郷,陸軍の乃木」と並び称された。



楽天市場検索: