actions

丹下健三

丹下 健三
たんげ けんぞう
生誕 1913年大正2年)9月4日
大阪府堺市
死没 (2005-03-22) 2005年3月22日(91歳没)
東京都港区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞(1954、55、58年)
RIBAゴールドメダル(1965年)
AIAゴールドメダル(1966年)
文化勲章(1980年)
プリツカー賞(1987年)
高松宮殿下記念世界文化賞(1993年)
勲一等瑞宝章(1994年)
所属 丹下都市建築設計
建築物 広島平和記念公園
香川県庁舎
東京カテドラル聖マリア大聖堂
代々木第一体育館
山梨文化会館
静岡新聞静岡放送本社ビル
東京都庁舎

丹下 健三(たんげ けんぞう、1913年大正2年)9月4日 - 2005年平成17年)3月22日

建築家,工学博士。1938年東京帝国大学建築学科を卒業し,前川国男建築設計事務所勤務を経て,1945年同大学大学院を卒業。東京大学教授,同名誉教授。1961年に丹下健三・都市・建築設計事務所を開設。アメリカ芸術科学アカデミー海外名誉会員,フランス建築アカデミー海外会員で,サンパウロ国際ビエンナーレ建築部門審査員(1957),マサチューセッツ工科大学客員教授(1959~60)なども務めた。主要作品は広島平和公園(1950)と広島平和記念資料館(1955),旧東京都庁舎(1957),香川県庁舎(1958),東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964),東京オリンピック競技大会時に建てた国立代々木競技場の屋内総合体育館(1964),日本万国博覧会マスタープラン(1970),ナイジェリア新首都都心計画(1982),新東京都庁舎(1991)など。主著『桂-日本建築における伝統と創造』(1960),『伊勢-日本建築の原形』(1962~65),『丹下健三 1946~1969-建築と都市』(1970),『21世紀の日本-その国土と国民生活の未来像』(1971)。1966年アメリカ建築家協会ゴールドメダル受賞。1979年文化功労者。1980年文化勲章受章。1987年プリツカー賞,1993年高松宮殿下記念世界文化賞受賞,1996年レジオン・ドヌール勲章受章。

外部リンク



楽天市場検索: