actions

中央区立泰明小学校

テンプレート:日本の小学校

ファイル:Taimei Elementary School.JPG
中央区立泰明小学校

中央区立泰明小学校(ちゅうおうくりつ たいめいしょうがっこう)は東京都中央区銀座5丁目にある公立小学校

概要

校舎は、1923年関東大震災の教訓から、通常の壁厚が15cm程度であるのに対し22cmを有する堅牢なつくりとし、第二次世界大戦東京大空襲の爆撃にも耐えて現在に至っている。外観は、ツタの絡まる校舎の外壁や、連なる3階の半円形の窓、円形に張り出した講堂、緑を伴うアーチ型の開口を有する塀、“フランス門”と呼ばれる瀟洒なデザインの門扉などの特徴を有している。また、講堂と雨天体操場が上下二層構造となっており、隣接する数寄屋橋公園等も一体で計画されている点、工夫の凝らされた配置計画などと相まって、都心の狭小敷地にありながら、良好な日照条件と外遊びの空間を確保し、明るく快活な校風形成の源泉ともなっている。

関東大震災後に建設されたいわゆる復興小学校の中でも、特に中央区立常盤小学校と共に、東京都選定歴史的建造物に選定、及び経済産業省近代化産業遺産に認定され、歴史的な建造物として高く評価されている。また都心ではかつてのエリート達が、泰明小卒業後に麻布中学校日比谷高校、さらに東京大学へと進学していったことで知られていた[1]

中央区が実施している特認校のひとつに指定されている[2]。中央区内では「学区外からも通え、毎年抽選となる人気の特認校」[3]、「少人数教育の超名門小学校」[4]と見られることがある。

沿革

教育目標

教育目標(目指す子どもの姿)は下記のとおりである[7]

  • よく考える子ども 
  • 思いやりのある子ども
  • たくましい子ども

校歌

作詞は武島羽衣、作曲は岡野貞一による。

学区

銀座一丁目[2~10番、11番(1,2号)]、銀座二丁目[2~9番]、銀座三丁目[2~8番]、銀座四丁目[1~8番]、銀座五丁目~八丁目が通学区域[8]

著名な出身者

脚注

  1. 「東京23区教育格差」 p121,マイクロマガジン社, ‎昼間たかし, ‎鈴木士郎 2016年
  2. 小学校特認校制度”. 中央区. . 2018-3-1閲覧.
  3. “5人が入学辞退 制服問題の小学校 民間会社に警備依頼”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年2月28日). https://www.asahi.com/articles/ASL2X5RLNL2XUTIL02Z.html . 2018-3-1閲覧. 
  4. 「東京23区教育格差」 p121,マイクロマガジン社, ‎昼間たかし, ‎鈴木士郎 2016年
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 学校沿革史”. 中央区立泰明小学校. . 2018-2-15閲覧.
  6. “新1年生に「アルマーニ」保護者の反応は”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年2月8日). https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00m/040/111000c . 2018閲覧. 
  7. 学校概要”. 中央区立泰明小学校. . 2018-2-15閲覧.
  8. 区立学校一覧”. 中央区. . 2018-2-15閲覧.

関連項目

外部リンク