操作

三相 (仏教)

テンプレート:Infobox Buddhist term 三相(さんそう、テンプレート:Lang-pi-short ティラッカナ)とは、全ての存在および物事は、無常(アニッチャ)、 (ドゥッカ)[1]無我(アナッタ)[2][3][4]であるという仏教の根本思想。三相はダンマパダの277,278,279節 に記載されている[5]

人間は三相について妄想を抱いており、この妄想によって人は苦しむ(無明)。この妄想を除去することで苦しみを終えることができ、清浄(visuddhiyā)への道である。これが四諦八正道で語られる仏教の核心部である。

ゴータマ・ブッダの教説において、縁起という現象の根源的な3つの性質を表現したもの[6]。上座部仏教の瞑想修行ヴィパッサナー瞑想では、この三相を繰り返し観ずる(経験する)ことがその本質的な内容となっている[7][8]

構成

以下の3つから成る。

  1. 無常(anicca アニッチャ)- 諸行無常
  2. (dukkha ドゥッカ)- 一切皆空, 一切皆苦, 一切皆苦
  3. 無我(anatta アナッタ) - 諸法非我, 諸法無我

(パーリ語)
Sabbe baṅkhārā aniccā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe baṅkhārā dukkhā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe dhammā anattā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.

(参考現代語訳)
「一切の形成されたもの(行,サンスカーラ)は無常である」(諸行無常)と
明らかな智慧(パンニャー)をもって観るときに、ひとは苦(ドゥッカ)から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の形成されたもの(行)は苦(ドゥッカ)である」(一切皆空)と
明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の事物(ダーマ)は無我(アナッタ)である」(諸法非我)と
明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。

— ダンマパダ, テンプレート:SLTP

脚注

注釈

出典

  1. Steven Collins (1998). Nirvana and Other Buddhist Felicities. Cambridge University Press, 140. ISBN 978-0-521-57054-1. 
  2. Richard Gombrich (2006). Theravada Buddhism. Routledge. ISBN 978-1-134-90352-8. , Quote: "All phenomenal existence [in Buddhism] is said to have three interlocking characteristics: impermanence, suffering and lack of soul or essence."
  3. (2013) The Princeton Dictionary of Buddhism. Princeton University Press, 42–43, 47, 581. ISBN 978-1-4008-4805-8. 
  4. Carl Olson (2005). The Different Paths of Buddhism: A Narrative-Historical Introduction. Rutgers University Press, 63–64. ISBN 978-0-8135-3778-8. 
  5. Maggavagga: The Path Dhammapada Chapter XX, Translated by Acharya Buddharakkhita (1996)
  6. 魚川 2015, pp. 49-50.
  7. 藤本 2015, p. 171.
  8. ウ・ジョーティカ 2016, p. 372,397.

参考文献

  • 魚川祐司 『仏教思想のゼロポイント』 新潮社、2015-05。
  • 藤本晃 『悟りの4つのステージ』 サンガ、2015。
  • ウ・ジョーティカ 『自由への旅』 魚川祐司(訳)、新潮社、2016。

関連項目


テンプレート:Buddhism-stub