操作

三浦女学校

三浦女学校(みうらじょがこう)は、スコットランド一致長老教会東京府麹町麹町区)に開校したミッションスクールである。

1873年明治6年)にアメリカ合衆国長老教会より派遣されたアンナ・ギャンブル宣教師がスコットランド一致長老教会に転籍し、1875年(明治8年)東京府麹町6番地に女学校を設立した。宣教師達からは設立したギャンブルにちなみ「ギャンブル学校」(Gamble School)、日本人からは日本語教師で校主・三浦徹にちなみ「三浦女学校」と呼ばれた。1879年(明治12年)にわずか4年で廃止された。

参考文献

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 『長老・改革教会来日宣教師事典』新教出版社、2003年